Photo Shot

アナログ&デジタル写真を掲載中。 モノクロフィルムの自家現像しています。写真の無断転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グラウンド

赤外線写真は、長めの露光が必要なため、動きのあるものの姿は消えてしまうことが多い。
故に時の流れが感じられない独特の雰囲気を醸し出しています。
しかし動きのある赤外線写真もあっても良いのではないかと思う。
幸いM8では、手持ち撮影可能なSSでのデジタル赤外線撮影が可能です。
静的な画の他に、動きのある画も平行してトライしてみようと思う。
09072702.jpg
Leica M8 Hexanon 28/2.8 IR-76

09072703.jpg

09072704.jpg


09072701.jpg

  1. 2009/07/27(月) 22:13:45|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<佐津間純Trio(Org.Version) #1 | ホーム | 点の記>>

コメント

長めの露光・・・

オヒサでした~。

>動きのあるものの姿は消えてしまうことが
(*^^) ピンホールみたいなモノなんでしょうね?
1枚目、グランドでの動きを シッカリ捉えてる・・・!
手前の網目が面白いかなぁ~・・・と思ってます♪ ^^

それにしてもLeica M8の赤外線フォトは、気持ちが良いほどクリアですね~!
  1. 2009/07/28(火) 23:53:46 |
  2. URL |
  3. トライアル #QMnOeBKU
  4. [ 編集]

トライアルさん

数十秒のSSじゃほとんどのものの姿は、流れて消えてしまいますね。
でも、このようにしっかり写ってしまうのも良いような悪いような。
写真のモチーフに合った動きが撮れるのが一番いいのでしょうね。
M8だと手持ちのスナップ感覚で赤外線撮影できるのが、嬉しいです。
レンジファインダーの特徴を上手く使って撮っていきたいと思います。
ピント合わせができるのでパンフォーカスでなければならない必要もないんですよ。
  1. 2009/07/29(水) 21:20:55 |
  2. URL |
  3. ひろ #TLo1X5.Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yetiphotoshot.blog83.fc2.com/tb.php/889-eefa2bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひろ

Author:ひろ

MAIL

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Information


そるとでジャズ・ライヴ
スケジュール


最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも一覧


高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。