Photo Shot

アナログ&デジタル写真を掲載中。 モノクロフィルムの自家現像しています。写真の無断転載はご遠慮ください。

夕暮れ

三日月と金星を見上げていたら、飛行機雲を描いてくれた。
10051700.jpg
Ricoh GR-D Ⅲ

「ADLIB」に続いて「SwingJournal」も7月号をもって休刊に。
寂しいなぁ。

  1. 2010/05/17(月) 21:02:31|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<街灯 | ホーム | 渡辺薫&山口友生 Duo Live at SaltPeanut>>

コメント

月は見えているか?

ボクも撮ろうかと思ったら、ビルに隠れて見えませんでした・・・orz

どの分野の雑誌もキビしいんですね。
昨年の「DTP World」の廃刊に続いて、先月の「デジタルフォト」の廃刊、不景気というだけなのか、紙媒体の衰退なのか?
  1. 2010/05/17(月) 21:36:22 |
  2. URL |
  3. チェンバー #-
  4. [ 編集]

チェンバーさん

空が広い所に住んでいるとたまにはいいことがあります。

出版はどこも厳しそうですね。
不況で広告費が、激減していることも大きいんでしょう。
iPadの登場で、一段と厳しくなりそう。

音楽DLってどうも好きになれないんだよね。
好きな音楽を買った気がしない。
CDとかの形になっていれば、存在を感じられるんだけど。
頭が古い証拠かな。
  1. 2010/05/17(月) 21:48:54 |
  2. URL |
  3. ひろ #TLo1X5.Q
  4. [ 編集]

存在感

という意味では、LPの大きなジャケットがCDではえらく小さくなり、
「何か買った気がしないな~」と感じたのを覚えているね。DLじゃ、余計にその感が強いでしょう。
感覚は、ひろさんと同じだな~。
SwingJournalもか、、、B社の時は、結構つきあいがあったんですがね。
景気もうそうでしょうが、今の若者世代が「音楽」「オーディオ」に対する気持ちが、
我々とはまったく違うというのはあるでしょうね。
MP-3を、オーディオとは思えない自分から見れば、
あれがオーディオ売り場にあるのは、、、
LPプレーヤーを「マニュアル」にこだわって、針を落とす「儀式」を楽しんだ
時代は、今の若者には到底創造ができないでしょう。こんな「頭」でも、それはそれでいいんじゃない?
  1. 2010/05/18(火) 12:06:21 |
  2. URL |
  3. トトロ #DaqWDIIE
  4. [ 編集]

僕は逆にウォークマンから音楽に入ったせいか、あまりそういうのは感じないようです。学生時代はオカネがなかったこともあり、エアチェック(もはや完全に死語ですね)主体だったため、DL販売にもあまり抵抗がありません....
キチンとオーディオをやっていた方々から見ると、デジタルからDACだのバッファアンプだのつないで、わざわざ真空管のパワーアンプから音出している僕等は滑稽に見えるかもしれませんね。
こだわる部分がズレてるんです(笑)。
  1. 2010/05/18(火) 12:37:12 |
  2. URL |
  3. mon #GCA3nAmE
  4. [ 編集]

トトロさん

LP時代は、ジャケットを眺めながら聴くことも多かったのですが、CDになってからは、滅多になくなりましたね。
聴くための儀式がなくなったからかもしれないね。
聴く2時間前からエージングして、電球でカートリッジを暖めたりしていたなぁ。
でも今それをやっている時間があるかなぁ。
時間の使い方、速さが当時とは格段に違っているね。
生活に時間的ゆとりが、なくなっているんだろうな。
これもすべて時に流れかぁ。
  1. 2010/05/18(火) 20:31:37 |
  2. URL |
  3. ひろ #TLo1X5.Q
  4. [ 編集]

monさん

ウォークマンやiPodの出現で、どこでも気軽に音楽を楽しめるようになったことは素晴らしい事だと思います。
学生だった頃には、想像も出来ない世界ですよ。
当時、もしiPodがあったら、一日中離さずに聴いていたと思います。
それぐらい音楽に飢えていました。
時代は変わっても、本質は変わっていないと思います。
ただ、デジタルじゃない時代を知っているだけにその良さが忘れられないのです。
  1. 2010/05/18(火) 20:39:15 |
  2. URL |
  3. ひろ #TLo1X5.Q
  4. [ 編集]

楽しみ方はいろいろ

そう、アンプを暖めるのは常識だった。でも、電球でカートリッジを暖めるのはやらなかった。
これも「ウォームアップ」が必要だったか、、、
カートリッジを交換して、違うサウンドを楽しむのは当然だが、
僕のマイクロはトーン・アームも交換できたので、それも音が変わるので
楽しみがあったな~。マウント・ベースが1キロもあったので、
実にカチッとしたサウンドだった。もちろん、オートリターンなんて「野暮」なものは
付いていなかった。「ボッ、ボッ」という音で目が覚めてリフターで上げたっけ。
monさんのやり方だっていいと思う。その時代に合ったやり方はあり。
ただ、ウォークマンは音を身近にしたが、音のクオリティは下げてしまった。
WalkmanProは使ってましたが。
DACの交換は、クオリティを大幅にアップするので賛成。
  1. 2010/05/18(火) 21:34:14 |
  2. URL |
  3. トトロ #DaqWDIIE
  4. [ 編集]

トトロさん

ターンテーブルは、最終的にEMT930まで逝っちゃいました。
いろんな事にトライしてその結果、音が変わることが楽しかったのかも知れない。
その頃、手に入れた1950~60年代のレコードも今は静かに棚で眠っているよ。
もう一度蘇らせようかな。
その前に、聴く時間を作らないと....。
何を削る?
ネットの時間かな。
  1. 2010/05/18(火) 22:05:30 |
  2. URL |
  3. ひろ #TLo1X5.Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yetiphotoshot.blog83.fc2.com/tb.php/1231-7e10a259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひろ

Author:ひろ

MAIL

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Information


そるとでジャズ・ライヴ
スケジュール


最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも一覧


高く長く行く Trumpet High Long Go!!!  

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索